携帯版 トレーダーズショップへようこそ。 国内送料無料 info@tradersshop.com
題名で    お買い物かごを見る   ご注文状況    ご利用方法  FAQ

新着 10月23日更新

■投資戦術

短期売買 デイトレード
スイングトレード
スキャルピング
システム売買
テクニカル
一目均衡表
酒田五法
フィボナッチ
エリオット波動
トレンドフォロー
逆張り
アノマリー 裁量
ファンダメンタル
成長株 決算書 FAI
さや取り 資金管理
心理 行動心理学
危機 占星術 格言

■対象市場・商品

オプション 225先物
FX (為替) CFD
商品先物 ゴールド
中国株 海外投資
不動産投資
ポーカー

■人物

相場師朗 アンディ
小次郎講師
林知之 増田丞美
W・バフェット
W・D・ギャン
B・グレアム
ジェシー・リバモア
R・A・メリマン
W・J・オニール
ジム・ロジャーズ
ラリー・ウィリアムズ

■製品・サービス

セミナー DVD CD
メタトレーダー (MT4)
ソフトウェア レポート
雑誌 定期購読
小説・読み物
漫画 ゲーム 場帳
オーディオブック
 聞くには
アウトレット 9割引

■その他

新着 初心者向き
信用取引
金融工学
他店で入手困難
ブルベアグッズ

トップページ
電子メール
事務所のご案内
法定表示等
a@panrolling.com

フィスコ投資ニュース

配信日時: 2020/09/20 09:00, 提供元: フィスコ

【フィスコ・コラム】国際金融センター構想に追い風

*09:00JST 【フィスコ・コラム】国際金融センター構想に追い風
菅義偉新首相が意欲を示す日本の国際金融センター構想について、追い風が吹き始めたかもしれません。香港は「中国化」によるダメージ、シンガポールも将来の路線転換が予想されるなか、菅政権の舵取りによっては日本が金融大国化する可能性が出てきました。


安倍晋三前首相の辞任報道が伝わる数時間前、ブルームバーグはその前日に行ったとする菅氏とのインタビュー記事を配信しています。それによると、アジアにおける国際金融拠点の構想を「実現したい」と明言。すでにその後の自民党総裁選での勝利にメドをつけていた時期でもあり、事実上の公約と受け取れます。ただ、どの都市になるかは「こだわらない」とし、大阪や福岡が候補地として浮上しています。


国際金融センター構想の議論がにわかに高まっているのは、今年5月の全人代で香港への統制を強化する「香港国家安全法」が導入されたことが背景にあります。それを受け、早期の中国化は避けられないとの見方が強まり、株価指数などに影響が表れました。香港ドルは対ドルで許容レンジ上限に切り上げられていますが、ドルペッグ制の維持に不安が高まれば逆にレンジ下限に振れる展開が見込まれます。


香港には米系証券など1300社が進出しており、アジアの主要な活動拠点と位置づけられてきました。しかし、香港が金融拠点として君臨する前提である一国二制度を放棄すれば、マネーの流出は避けられないでしょう。世界金融センター指数の調査でニューヨーク、ロンドンについて3位が指定席だった香港は、6位に大きく後退。香港の地位低下は、アジアでのマネー収縮につながりかねません。


香港とともにアジアの拠点となっているシンガポールにも変化の兆しがみられます。7月10日に実施された総選挙で、1965年の独立から一貫して単独政権を担う人民行動党(PAP)が定数93議席中83を獲得。しかし、今回の選挙は、野党の労働者党が議席を4から10へと初めて2ケタ台に伸ばしたことが衝撃を与えました。格差の拡大で1党支配への不満が強まったためだとみられます。


シンガポールの1日当たりの通貨取引量はアジア最大。最近でもUBSやシティなどを誘致しており規模拡大に余念がありません。とはいえ、選挙結果を受け、与党PAPは低所得者や高齢者など社会的弱者に対する一段の配慮を余儀なくされそうです。当面はシンガポールの金融センターとしての地位に変わらないものの、魅力の1つである低税率が将来的に修正されることになれば、それも揺らいでしまいます。


金融センター指数の調査で香港に代わって3位に浮上したのは東京です。他に上海や深センなども上位に浮上していますが、中国政府の統制が嫌気され欧米マネーを集めるのは難しいでしょう。その意味で日本はチャンスといえます。東京都の小池百合子知事は就任以来、外資系の誘致を積極的に進めたほか、国内自治体初の環境債発行などを手掛け、東京の金融拠点化を推進してきました。


ただ、一極集中回避の観点から菅氏の構想の方が好ましいのかもしれませんが、政争の具にされればせっかくの機会を逃してしまいます。さっそく、菅政権の調整能力が問われています。


※あくまでも筆者の個人的な見解であり、弊社の見解を代表するものではありません。

(吉池 威)


《YN》

記事一覧

  • 2020/10/24 14:45:国内株式市場見通し:日経平均は一進一退の動きが継続へ
  • 2020/10/24 14:42:米国株式市場見通し:第3四半期GDPや主要ハイテク決算に注目
  • 2020/10/24 14:39:為替週間見通し:もみ合いか、米大統領選前で動意薄となる可能性も
  • 2020/10/24 14:37:国内外の注目経済指標:7-9月期米GDPは記録的な成長率となる見込み
  • 2020/10/24 14:36:ユーロ週間見通し:伸び悩みか、7-9月期GDPが手掛かり材料に
  • 2020/10/24 14:35:豪ドル週間見通し:弱含みか、11月利下げの思惑残る
  • 2020/10/24 14:33:英ポンド週間見通し:伸び悩みか、英国経済の先行き不透明感は払しょくされず
  • 2020/10/24 08:02:23日のNY市場はまちまち
  • 2020/10/24 07:59:米国株はまちまち、追加経済対策の早期の合意期待が後退(23日)
  • 2020/10/24 07:48:NY株式:米国株はまちまち、追加経済対策の早期の合意期待が後退
  • 2020/10/24 07:41:NY債券:米長期債相場は強含み、追加経済対策の早期合意は困難との見方
  • 2020/10/24 07:32:前日に動いた銘柄 part2 中外製薬、ニッポン高度紙工業、初穂商事など
  • 2020/10/24 07:25:NY為替:ドル・円は伸び悩み、追加経済対策の早期合意期待は後退
  • 2020/10/24 07:20:NY金:伸び悩み、一部経済指標の改善を意識した売りが入る
  • 2020/10/24 07:20:NY原油:反落、需要鈍化の思惑広がる
  • 2020/10/24 07:15:前日に動いた銘柄 part1 JIG−SAW、オルガノ、ブリヂストンなど
  • 2020/10/24 04:50:[ドル・円通貨オプション]変動率低下、レンジ相場でOP売り
  • 2020/10/24 04:12:10月23日のNY為替概況
  • 2020/10/24 02:10:NY外為:リスクオフ、米追加経済対策の早期合意期待が後退
  • 2020/10/24 01:28:NY外為:利回り低下でドル軟調、米財務省は為替報告の公表を選挙後に延期
  • ■投資ニュース

  • 2020/10/24 14:45:国内株式市場見通し:日経平均は一進一退の動きが継続へ
  • 「大統領選挙」ランキング (10/23更新)

    バックナンバー

    米大統領選の行方 オンラインセミナー

    1. 米大統領選の行方 オンラインセミナー
    2. 株の通信スクール月例講義
    3. ラリーの投資アノマリーカレンダー 2021
    4. アノマリー投資 市場のサイクルは永遠なり
    5. マーケットのテクニカル分析


    ■特集

    総合ランキング
    DVDランキング
    オススメの一冊
    無料メールマガジン
    読者の御意見
    用語解説
    投資のススメ
    著者の投資コラム 携帯待受画面
    シカゴ絵日記

    カタログ: PDF (23MB)
    Updated!
    紙のカタログ請求

    提携プログラム
     ウェブサイト、ブログを
      お持ちの方、紹介料率
      最大20%!


    オーディオブック無料視聴

    Podcast RSS配信

    ポッドキャスティングの受信ソフトにこのバナーのアドレスを登録すると、新しいオーディオブックが更新された時に自動でダウンロードされ、より便利にお楽しみいただけます。このアイコンをiTunesにドラッグ&ドロップすると自動的に登録されます。